FIFAプスカシュ賞候補の11人が発表された。

FIFAは、年間最優秀ゴールに贈られる「FIFAプスカシュ賞」2021年度の候補として11人のゴールがノミネートされた。

プスカシュ賞では男女両方、ユースカテゴリーも含めたゴールの中から年間で年間で最も素晴らしいと評価されたゴールを選出。

過去にはリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドらも受賞している。

ユーロ2020で大会ベストゴールに選出されたチェコ代表パトリックシックの超ロングシュートやポルトのイラン代表メフディ・タレミがチャンピオンズリーグのチェルシー戦で決めたオーバーヘッド、他にはアルジェリア代表リヤド・マフレズのゴールも選出されている。

なお受賞者は世界中のサッカーファンからの投票で決定される。
投票はこちらのサイトから皆さんも投票可能。
受賞者の発表は来年1月にスイス・チューリッヒで行われるThe Best FIFA Football Awardsで発表される。


〇FIFAプスカシュ賞ノミネート

ルイス・ディアス(コロンビア代表)
ゴティエ・エハ(オセール女子)
エリック・ラメラ(トッテナム)
ヴァレンティーノ・ラザロ(ボルシア・メンヒェングラッドバッハ)
リヤド・マフレズ(アルジェリア代表)
サンドラ・オウス=アンサー (シュプリーム・レディース)
ヴァンゲリス・パウリディス(ウィレムⅡ)
ダニエラ・サンチェス(ケレタロ女子)
パトリック・シック(チェコ代表)
メフディ・タレミ(ポルト)
キャロライン・ウィア(マンチェスターシティ女子)