CD ATLÉTICO PASO
OFFICIAL ALLSTARS CLUB PAGE

チームの新着情報をお知らせします

新選手加入のお知らせ

2021年の末に新しく選手がチームに加わりました。その選手とはミゲル・アンヘル選手です。
 
年齢はまだ19歳と若く、これからの活躍に期待です。
 
今週の日曜日1/9の21時(日本時間)にはウニオン・ビエラ戦が控えています。果たして出場機会はあるのでしょうか。
 
パソにとっては負けると順位を大きく落とす可能性があるので、なんとしても勝ちたいところ。
 

【最新試合レポート】12月8日(水)アトレティコ・パソ 1 - 0 CD.ベラ
アトレティコ・パソが3戦負けなし。未消化試合があるにもかかわらず、3位につけています。

 

 

 


第15節ホームベラ戦。試合は前半、ブライアン・マルティンのゴールでパソが勝ち点3を獲得しました。

 

90分間を通して、アトレティコ・パソが優勢に試合を運び、選手たちのコンビネーションで相手を翻弄。最初のチャンスでパソのゴールにつながりました。アゴニー選手は、見事な個人技でアレックス・クルスにパスを出し、ラインギリギリのところでブライアン・マルティンにクロスを上げ、ブライアン・マルティンの強いヘディングでゴールを決めました。

 

その後、アルミチェのシュートが枠を捉え、追加点の可能性もあったが、相手ゴールキーパーのエドウィンが攻守でパソの2点目を防いだ。

 

後半、ベラは同点に追いつこうと猛攻を仕掛けてきたが、アトレティコ・パソの守備の壁を崩すことが出来なかった。62分にも、アルミチェのシュートがまたGKにセーブされた。

 

べラは最後まで同点ゴールを目指したが、シュートは惜しくもゴールを外れた。しかし、アトレティコ・パソは意地でゴール守り抜き、3位浮上となる勝ち点3を獲得した。

 

アトレティコ・パソ:1 (ゴール: 14分 ブライアン・マルティン)

ルイス・アレリャーノ;ダニ・カルネバリ、ジョーダン、アルミチェ、ボラーニョス、ブライアン・マルティン (アドリアン・エルナンデス 67’)、アゴニー(ポルティージャ、92’)、クリスト・ディアス(ブライアン・トーレス、74’)、グティ、エドゥ・ニエブラ、アレ・クルス。

 

CDベラ:0

エドウィング;ゼベン、エチェデー、クリスティアン(トゥル、77’)、ジョン、ダニ・ムニ、ユルゲン(アンディ、63’)、ホルヘ・エルナンデス、フェルナンド(ゼバロス、86’)、アダン、ディエゴ・バロソ(エサウ、77’)。

 

主審:エドゥアルド・ペレス・ヘルナンデス

 イエローカード:アレ・クルス、アゴニー、ジョン、フェルナンド、ユルゲン

 

スタジアム:ムニシパル・デ・ブレニャ・アルタ 

観客数:180人

 

次節はアウェーでヤイザと対戦します。

【次節情報】 12月8日(水)CD.ベラと対戦

前節でテネリフェBに勝利収めたアトレティコ・パソ、次節11位CD.ヴェラ戦に向けチームスケジュールを発表されました。

噴火の影響で本来ホームスタジアムとして使っているエル・パソのムニシパルスタジアムが使用出来ず隣町のブレニャ・アルタスタジアムで行われます。


【最新試合レポート】12月5日(日) アトレティコ・パソ 1 - 0 テネリフェ B  

12月5日アトレティコ・パソ とテネリフェ Bの試合が行われた。

 

アトレティコ・パソ 1 – 0 テネリフェ B ジョーダンのゴールにより、アトレティコ・パソはテネリフェBを相手に非常に重要な勝ち点3を獲得した。試合終了間際に、ディフェンダーのジョーダンがゴールを決め、試合に決着がついた。ホルヘ・ムニョス監督が率いるアトレティコ・パソは、噴火の影響で3試合未消化にも関わらず7位に位置しており十二分に上位を狙える。一方のテネリフェBは安定した成績を残せていないため、上位に食い込むことができていない。

 

 

試合後、ベンチに入らなかったホルヘ・ムニョス監督は記者からの質問に答えた。

 

記者:スリリング、攻守の入れ替わりが多かった試合でした。相手チームも素晴らしく、良いライバルでしたね。ホルヘ・ムニョス監督、こんにちは。


監督:こんにちは

 

記者:本日は観客席から指揮をすることになりましたね、ベンチに座っているのとまた雰囲気は違いますか。

 

監督:勿論です。ベンチは私の本来の場所です。観客席から全体を見渡せる反面、気分が落ち着かないです。

 

記者:本日の試合はいかがでしたか。

 

監督:テネリフェBはアトレティコ・パソよりも優れていると思いますし、サッカーの観点からもそれを認めています。相手チームの唯一のミスはゴールを奪えなかったことです。私たちは、格下にもかかわらず、諦めずに戦い続けたことがこの結果に繋がりました。ハーフタイムには、我慢することが勝利につながると選手たちに話しました。相手は明らかにセットプレーに問題を抱えているので、チャンスはあると思いセットプレーを狙いに行きました。つまり、相手チームの優位性を認めること、格上チームを相手に選手たちが体を張って戦ったこと、心理的に諦めなかったこと、そして最後にジョーダンがゴールを決めたこと、この3つは鍵です。

 

記者:サッカーには何が起きるか分からないね。前半にジョーダンがなかなか思うような動きはできなかったが、サッカーが彼に報いて素晴らしいゴールを決めた。ボラノスの見事なパス、グティのクロスボール、そして最後はジョーダンがボールを入れてくれました。


監督:はい、まあ。この試合では、カウンターアタックでブライアン・マルティンが放ったシュートが左クロスバーを越えたことを除けば、ほとんどすべての場面でセットプレーから生まれました。 これはチームの長所であり、今後も活用していかなければなりません。クリスト、アゴ、ロバーなどの優れたシューターや、アドリアン、マルティン、ジョーダン、ポルティージャなどの優れたフィニッシャーがいます。今日の試合は、ファンが活躍した試合でした。というのも、相手が格上のチームというのもあってアウェーで戦っている気分でした。チーム連携のおかげで耐えることができ、勝利につなぐことはできたと思います。本当に良かった!

 

記者:ルーキーを試合に投入する勇気がすごいですね、改めておめでとうございます! 金曜日の練習で話していたことですね。今日、彼はあなたが言っていたことを示しました。勇気、シュートチャンス、ディフェンスワーク。それは誇れることではないでしょうか。

 

監督:そう、彼はとても優秀だった。実際、彼の唯一のミスは、守備のセットプレーでした。しかし、それはきちんと説明しなかった私の責任です。彼は左サイドバックです。昨日の練習では右サイドバックをやっていました。彼が攻撃に出て行ったとき、彼は2つの良いパスも出しましたし、惜しいシュートも放ちました。どれもスリリングなプレーでした。ユースと同じですがこのリーグはもっとレベルが高く、激しいです。しかし、彼はその準備ができていると思うし、将来的に我々を助けてくれるように、プレッシャーを感じずプレーしてくれたことが嬉しく思います。

 

記者:この試合では、良い勉強になりました。

 

監督:はい、もちろんです。私たちには必要なことです。今の状況を知っているし、今まで何度も悪い結果になってきたけど、今日は違う。彼らはこの勝利にふさわしい。

 

記者:このチームでベストを尽くし、重要なこの3点を楽しんでほしいと思います。しかし、来週水曜日のヴェラとの試合がすぐそこです、頑張ってください。

 



試合スタッツ

 

スタメン


アトレティコ・パソ:ルイス・アレリャーノ;ジョーダン、ブライアン・トーレス(グティ、61’)、ポルティージャ、ボラーニョス、アドリアン・エルナンデス(セト、82’)、ブライアン・マルティン(ダニ・カルネバリ、88’)、アゴニー(アーミッシュ、61’)、クリスト・ディアス、エドゥ・ニエブラ、アレ・クルス

 

テネリフェB:アレ・メディナ;ジェレミー、オマール、エドゥ・スアレス(アイサミ、67’)、アントン、マティアス、エレダー(ディラン、57’)、テト、パブロ、アラッサン、ラウル(アレ・マルティネス、57’)。

 

 


主審:パブロ・ゴンサレス・レドンド

イエローカード:ルイス・アレリャーノ、アゴニー、アレ・クルス、エドゥ・スアレス、ジェレミー、オマール

スタジアム:Municipal de Breña Alta.

観戦客:600人

火山噴火後初の試合でパソが2-1で勝利!

火山噴火後初の試合が日本時間10/3に行われました。CDブサナダ相手に戦ったアトレティコ・パソは2-1で勝利しました。試合前には2チームが集まり、被害を受けたラ・パルマ島にエールを送りました。

パソの本拠地ラパルマ島のエル・パソが森林火災に見舞われていました。




アトレティコ・パソがホームシティとしているラパルマ島のエル・パソは、今週大規模な森林火災に見舞われていました。120人の住民が避難せざるを得ない状況という大きな出来事です。


これを受けてアトレティコ・パソの選手たちは消化や救済を手伝いました。地元密着クラブならではでしょう。ラパルマ島の皆の協力により現在はかなり収まっているようです。カナリア諸島では比較的森林火災が起こりやすいようですが、今後大きな被害が出ないことを祈るばかりです。


現地の様子はこちら

クラブ親善試合で勝利!

日本時間の8月10日に行われた親善試合でアトレティコ・パソが2-0で勝利!シーズン開幕前の幸先の良いスタートとなりました。「クラブ運営」内の「動画」に試合風景(90分)が載っています。ぜひご覧ください。

前半28分:Goal アルミチェ選手、Assist ビアニー選手

後半8分:Goal ブライアン・マルティン選手、Assist アルミチェ選手

           

   

選手の契約更新


セルヒオ・ラモス選手の契約更新が発表されました。チームの将来を担うであろう若手のゴールキーパーです。

「残留することができて嬉しいです。このチームは非常に勝利に貪欲で、様々な良い面を吸収することができます。また、チームメイトからも多くのことを学べます。

その他に僕が残留した理由は、将来的に地元のチームで、地元の素晴らしいファンの前でデビューすることを楽しみにしているからです。クラブの歴史の1ページに載ることができると嬉しいです。」

選手の契約更新


ダビド・パスク選手の契約更新が発表されました。


ポジション:DF

国籍:スペイン

出身地:マドリード

誕生日:1992年4月9日

年齢:29歳

身長:183cm

体重:69kg

「僕が残留した理由はアトレティコ・パソが家族のような存在だからです。入団した時からそのような雰囲気を感じていました。

今シーズンも、昨シーズン同様全力で戦ってチームに恩返しができるように頑張ります。」

選手の契約更新


ジョルダン・ペレス選手の契約延長が発表されました。


ポジション:DF

国籍:スペイン

出身地:ロス・ジャノス・デ・アリダネ

誕生日:1992年10月5日

年齢:28歳

身長:182cm

体重:75.5kg

利き足:右足

憧れの選手:カルレス・プジョル

憧れの監督:マルセロ・ビエルサ

選手の特徴:激しくて素早いディフェンスが持ち味

在籍年数:3年

私たちのキャプテンの残留が決定しました。ピッチ上で上手くチームをまとめて、勝利に導いてもらいましょう!