マンチェスター・シティ

ネーションズリーグが終わりを告げ、欧州サッカーはオフシーズンモードに入りつつある。来シーズンはW杯の影響でシーズンスタートが多少早いこともあり、試合がまったくない期間が短いものの、オフシーズンは欧州サッカーファンにとっては少し物足りない期間であることも事実だ。

ところで、試合がない時に盛り上がる話題はただ一つ、それは移籍情報だ。既にハーランドがマンチェスターCに移籍したり、ムバッペがパリSGと契約更新したりと様々な発表がされているが、今回は2000年以降の各夏の移籍市場で一番高額な移籍をおさらいしよう。

2000年〜2005年

 

2000年 ルイス・フィーゴ

 

バルセロナ→レアル・マドリード

移籍金:6,000万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:244

ゴール:57

アシスト:91

主なタイトル:ラ・リーガ、UEFAチャンピオンズリーグ

2001年 ジネディーヌ・ジダン

 

ユベントス→レアル・マドリード

移籍金:7,750万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:226

ゴール:49

アシスト:67

主なタイトル:ラ・リーガ、UEFAチャンピオンズリーグ

2002年 リオ・ファーディナンド

 

リーズ→マンチェスターU

移籍金:4,600万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:453

ゴール:8

アシスト:9

主なタイトル:プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグ

2003年 デビッド・ベッカム

 

マンチェスターU→レアル・マドリード

移籍金:3,750万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:159

ゴール:20

アシスト:51

主なタイトル:ラ・リーガ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ

2004年 ディディエ・ドログバ

 

マルセイユ→チェルシー

移籍金:3,850万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:381

ゴール:164

アシスト:87

主なタイトル:プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグ

※14-15シーズンも含む

2005年 マイケル・エッシェン

 

リヨン→チェルシー

移籍金:3,800万ユーロ


【移籍後のスタッツ】

出場試合:256

ゴール:25

アシスト:18

主なタイトル:プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグ