家本政明氏が考える、審判の判定基準が国によって異なる理由とその適応方法〜コラムPart9〜

日本の審判界では「ルールはひとつだから、子供と大人、女性と男性、国内と国外で判定基準や考え方は変わらないし、変えてはいけない」というのが定説です。 ところが、僕が国際審判として国外で試合やセミナーに参加してわかったことは「日本で言われている判定基準や考え方が全てではない」ということです。このことを知...