ユベントス

世界のスポーツ界には各チームに「ロゴ」というものが存在する。それはチームを象徴するものであり、ひと目見ればどのチームのものかをすぐに理解することができる。

そんなロゴだが、創設時から同じものを使い続けるというチームはあまり見られない。中には大幅に変更されて、見慣れるまではどのチームか一瞬分からないようなものもある。

近年のサッカー界で大幅なロゴ変更といえばユベントスではないだろうか。2004年から使われてきた縦長の楕円形のロゴが、ユベントスの頭文字「J」がデザインされたものになった。狙いはマーケティングで汎用性を高めることだったという。

このように、多かれ少なかれ一定期間で変更されるロゴ。今回は、近年サッカー界で行われた、もしくは22-23年に行われるロゴ変更を紹介していこう。

(※アイウエオ順)


アトレティコ・マドリード(2017年〜)

アトレティコ・マドリード

※16-17年に、1シーズン限りで別のロゴが使用されていた。

アラベス(2020年〜)

アラベス

インテル(2021年〜)

インテル

ウェストハム(2016-17〜)

ウェストハム

カリアリ(2016年〜)

カリアリ

ガンバ大阪(2022年〜)

ガンバ大阪

サークル・ブルージュ(2022-23〜)

サークル・ブルージュ

※サークル・ブルッヘと表示されることもある。

サンテティエンヌ(2022-23〜)

サンテティエンヌ

ジェノア(2022-23〜)

ジェノア

ナント(2022-23〜)

ナント

ノリッジ(2022-23〜)

ノリッジ

バジャドリード(2022-23〜)

バジャドリード

フィオレンティーナ(2023年〜)

フィオレンティーナ

マンチェスター・シティ(2016年〜)

マンチェスター・シティ

ユベントス(2017年〜)

ユベントス

リーベルプレート(2022年8月〜)

リーベルプレート

リール(2018-19〜)

リール

その他


他にも以下のようなクラブが変更を加えている。ぜひチェックしてみてほしい。(一時的なものを含む。)

ザルツブルク

クリスタルパレス

ジローナ

ラシンクラブ