セルタ

先日はイアゴ・アスパスの契約更新、昨日はジャンルカ・スカマッカがサッスオーロからウェストハムへ移籍することが発表された。

なぜこの二人を並べたのか。それは、中堅クラブで得点を量産するという共通点があるからだ。

イアゴ・アスパスに関しては、あまり上位に入り込むことのないセルタ・デ・ビーゴで6シーズン連続(1部リーグ時代での通算は7回)の二桁得点を決めており、17-18年はメッシ、ロナウド、スアレスに次ぐ4位(22得点)を記録している。

一方のジャンルカ・スカマッカは、21-22年が自身初の二桁得点ではあるが、ベラルディと共に11位に終わったサッスオーロの攻撃の中心を担った。

今回は、21-22年に欧州5大リーグの中堅クラブで得点を量産したストライカーたちを紹介していこう。

ウィルフレッド・ザハ

21-22年得点数:14(9位)

所属クラブ:クリスタル・パレス(12位)

2014年からクリスタル・パレスのエースとして活躍するザハ。21-22年の数字はキャリアハイであり、通算3回目のリーグ戦二桁得点となっている。チームは22-23年の初戦、ビッグ6の一角を成すアーセナルと当たるが、果たしてザハはゴールを決めることができるのか。

イアゴ・アスパス

21-22年得点数:18(2位)

所属クラブ:セルタ・デ・ビーゴ(11位)

セルタ・デ・ビーゴで6シーズン連続(1部リーグ時代での通算は7回)の二桁得点を決めており、17-18年はメッシ、ロナウド、スアレスに次ぐ4位(22得点)を記録している。

ラウール・デ・トマス

21-22年得点数:17(3位タイ)

所属クラブ:エスパニョール(14位)

セグンダで得点を量産できることが証明済みだったラウール・デ・トマスは、21-22年にプリメーラでもその能力を発揮。ベンゼマ、アスパスに次いで3位タイの得点数をマークした。ちなみに3位のもう一人は、レアル・マドリードのヴィニシウスである。

ジョバンニ・シメオネ

21-22年得点数:17(4位タイ)

所属クラブ:エラス・ヴェローナ(9位)

ジョバンニ・シメオネは、21-22年に自身のキャリアハイとなる17ゴールをマーク。カリアリからのレンタル移籍という形だったが、22-23年からは完全移籍でヴェローナでプレーする。

ジャンルカ・スカマッカ

21-22年得点数:16(6位)

21-22年所属クラブ:サッスオーロ(11位)

現所属クラブ:ウェストハム

近年毎年のようにサッスオーロからのレンタル移籍を繰り返していたスカマッカだが、21-22年に保有元のクラブで開花。1年間攻撃の中心を成し、22-23年からプレミアリーグへ挑む。

ドメニコ・ベラルディ

21-22年得点数:15(7位)

所属クラブ:サッスオーロ(11位)

デビュー時からサッスオーロでプレーするベラルディは、21-22年で3年連続5回目のセリエA二桁得点を記録。一時期低調なパフォーマンスが続いていたが、ここ最近は本来の姿を取り戻している。

アントニー・モデスト

21-22年得点数:20(4位タイ)

所属クラブ:ケルン(7位)

第一次ケルン時代には大迫勇也ともプレーしたモデスト。17年の中国移籍以来、選手として低迷が続いていたが、21-22年に20得点で復活を成し遂げた。

モハメド・バヨ

21-22年得点数:14(8位)

21-22年所属クラブ:クレルモン・フット(17位)

現所属クラブ:リール

21-22年にクラブ史上初のリーグアンを戦ったクレルモン・フットは、17位というギリギリの順位で残留を決めた。そんなクラブで攻撃を引っ張ったのはモハメド・バヨだった。その活躍が認められ、22-23年から強豪リールでプレーする。