強豪クラブの方がGKのロングパスの割合が低くなる?

一昔前まで、キーパーといえばピンチの場面でセーブするという役割こそが一番キーパーの使命だった。現在でもピンチを凌ぐことが大きな仕事であることには変わりないが、一方で11人目のフィールドプレーヤーとして扱われることも多くなってきた。 このようなキーパーの概念を変えたのは、ドイツ代表GKマヌエル・ノイア...