【ブンデスリーガ】21-22年各クラブスカッド平均年齢ランキング

海外初挑戦の日本人選手がよく新天地として選ぶブンデスリーガ。少し経験を積んだ若手選手が活躍しており、例えば日本代表MF遠藤航が所属するシュツットガルトでは、遠藤の29歳で2番目に年齢の高い選手となっている。 21-22年にブンデスリーガで戦ったクラブで、最もスカッド平均年齢の低いクラブはどこなのだろ...