ブンデスリーガ:初の女性CEO就任。出身はボストン・コンサルティング・グループ

クリスティアン・ザイバー氏の後任として、ドナータ・ホップフェン氏がブンデスリーガのCEOに就任します。新CEOはDFLと3年契約を結び、ドイツ国外でのブンデスリーガ市場拡大と、コロナウイルスの影響を受けた各クラブの収益確保を主な課題としています。 ドナータ・ホップフェン氏は、ブンデスリーガ歴史上初の...

インテル・ミラノ:債務再調達のために4億ユーロ(約530億円)の債券を発行

昨シーズンのセリアA王者は、金融グループのゴールドマン・サックスのエージェントと会談を行い、債券の発行を行う予定です。新規融資や選手の移籍金による収益で負担を和らげ、予算を確保することができます。 インテル・ミラノは、現金を調達して短期的に負債をカバーする方法を見出した。イタリアを代表するスポーツ紙...

ラ・リーガ:世界のユース世代に向けた新たなプラットフォームを設立

「LaLiga Grassroots」という名のプロジェクトを通じて、ラ・リーガはスポーツに関するメソドロジーを国内外に伝える。マドリードに拠点が置かれ、NBAと共有する。 ラ・リーガは全世界でサッカーの支援を続ける。スペインのサッカー統括団体は「LaLiga Grassroots」プロジェクトを立...

カタールがPSGに1億7100万ユーロ(約225億円)の資本注入しコロナウイルスによる損失を相殺

クラブのオーナーであるカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)は、2019-2020シーズンに1億2400万ユーロ(約163億円)の損失を出しているPSGの株式資本を5億1150万ユーロ(約675億円)に増やした。この1億2400万ユーロ(約163億円)の赤字は、最終的に2億400万ユーロ(約...

Apple TV+:放送中のドラマにプレミアリーグのロゴやチームエンブレムを使用。プレミアリーグに50万ポン...

アップルは、プレミアリーグの過去の映像やトロフィー、各クラブのエンブレムなどの使用ライセンスを取得した。 アップルは、イギリスに渡った一人の新監督の生活と様々な挑戦を描いたヒットシリーズ「Ted Lasso」を通じて、プレミアリーグと提携することになった。 Apple+で放送される同ドラマの次回作に...

SSラツィオ:仮想通貨取引所のBinance社と3年間3000万ユーロ(約39億6400万円)のメインスポンサー契約

イタリア・セリアAのSSラツィオは、暗号通貨取引プラットフォームで有名なBinance社(バイナンス)と2年間のメインスポンサー(3年目のオプション付き)契約を結んだ。ユニフォーム胸部には企業のロゴが表示される。 スポーツ界で仮想通貨の流れが止まらない。デジタル資産に特化したプラットフォーム「Bin...

スペイン・カタルーニャ州がスポーツ観戦時の収容制限を解除。スタジアムの収容人数が100%に

屋外は100%ですが、バスケ等の屋内競技については80%に制限されます。保健当局の声明が公に出てから2週間後にこの収容制限解除が発表されました。 カタルーニャ州政府のペレ・アラゴネス知事は声明で、スタジアムの収容人数制限を解除し、ようやく収容が100%に戻ると発表しました。ただし、バスケをはじめとす...

ルンメニゲ氏は給料に影響を与える贅沢税に反対。CLからの追放を要求

バイエルン・ミュンヘン前会長のルンメニゲ氏は、「多くのスター選手が揃うPSGのようなクラブにおいては、もはや贅沢税の効果は無いのでは?異なる制裁が必要だろう」言及。 マンチェスター・シティがフィナンシャル・フェアプレー(FFP)の制裁を受けずに済んだのは、UEFAが対応しようとした時には既に時効にな...

プレミアリーグ:パンデミックによる損失からの回復に向けて10億ポンドのファンド設立を検討

プレミアリーグ所属の中小クラブは、運営をより柔軟にするため、民間金融機関とのファクタリングに代わる一元化されたファンド設立を要求。 イングランドプレミアリーグのいくつかのクラブは、パンデミック以来減少した収入(20億ポンド=約3074億円)の一部を補うために、10億ポンド(約1539億円)のファンド...

イニエスタ選手と同じ時間を過ごしましょう!(10/12更新)

世界のレジェンドとの時間を一生の宝物にしませんか? 大変お待たせいたしました!今月ついにイニエスタ選手と直接会えるイベントが開催されます! 世界のスーパースターと交流しましょう! レギュラー会員、プレミアム会員、ゴールド会員がイベント参加の対象となります。ただし、プランが上がるにつれ内容が豪華になっ...

SSラツィオの赤字が2倍に:2020-2021シーズンの人件費急増により2500万ユーロ(約32億6500万円)の損失

SSラツィオのオーナーであるクラウディオ・ロティート氏は今夏、選手を獲得するために1000万ユーロ(約10億3000万円)をクラブに投じなければならなかった。チャンピオンズリーグ出場のおかげで事業が59%向上したにもかかわらず、選手への給与支払いは2倍の1億3100万ユーロ(約170億円)となった。...

EAスポーツ:サッカーゲームから「FIFA」の名称をなくすことを検討

EAスポーツとFIFAとの契約は1993年から契約が続いています。しかし近年、FIFAだけでなく、多くの連盟、リーグ、クラブが加盟しているため、今後さまざまな変化が予想されます。 EAスポーツは、ビデオゲーム「FIFA」の名称変更を正式に検討しています。同社は、「我々は名称変更を検討中だ。サッカーの...

Dazn&YouTube:女子チャンピオンズリーグの放送スポンサーとしてアディダスと契約

アディダスは、DaznとYouTubeと契約し女子チャンピオンズリーグの独占グローバルスポンサーとなります。 DaznとYouTubeは、アディダスと契約し、女子チャンピオンズリーグの独占スポンサーになることを発表しました。今回の契約により、全61試合のライブ中継と、それに関連するハイライトやドキュ...

ラ・リーガ&マイクロソフト社:ファンとの繋がりを深めるウェブサイトを発表

ラ・リーガとマイクロソフトが協力し、これまでにない先進的なサッカー統計を目的としたプロジェクトを立ち上げる。 ラ・リーガとマイクロソフトは、スペインプロサッカーの技術部門であるLaLiga Tech社が運用する「Mediacoach」のプラットフォームで処理されたデータを用いて、サッカー統計プロジェ...

ブンデスリーガ:ソラレ社と契約しリーグ初のNFTビジネスを開始

ドイツ1部リーグと2部リーグは、ついに2022-2023シーズンにファントークン市場の一員となる。その目的は、ファンにNFTを広め、ソラレ社のファンタジーリーグに参加できるようにすることだ。 DFL(ブンデスリーガ)は、サッカー選手のNFTを扱うソラレ社と契約を結んだ。金銭的な条件は明らかにされてい...

バルサの選手売買による収支内訳は?

近年、移籍金は減少してきており、バルサは1年間で8100万ユーロ(約104億5300万円)の削減を行なった。移籍による収入に関しては、コロナウイルスによる移籍市場停滞により、1億5500万ユーロ(200億300万円)からわずか2500万ユーロ(​​約32億2600万円)となった。83.6%減だ。 F...

UEFA:2年に1度の女子W杯が女子サッカーの発展を妨げると警告

UEFAは、欧州クラブ協会(ECA)とイングランド、ドイツ、イタリア、オランダなどの女子リーグとの共同声明にて、FIFAのプロジェクトが「国内リーグへの投資を妨げる可能性がある」と述べた。 UEFAは、FIFAが計画している2年に1度のワールドカップ開催に再び反対の意を示している。欧州サッカーを統括...

バルサ:資金調達と支出カットで2021-2022の黒字化を目指す

取締役会は7億6500万ユーロ(約987億9200万円)の収入予算を提示したが、営業損益は1900万ユーロ(約24億5400万円)のマイナスとなる。純負債は6億8000万ユーロ(約878億1500万円)に増加し、総支出は前年同期比で21%減に。 FCバルセロナは2021-2022シーズンの黒字化を目...

FIFA:より多くのスポンサーを獲得するために本部をアメリカへ

FIFAは、北アメリカ大陸でよりサッカーを広めること、従業員の就労ビザ取得のハードルを下げること、そして財務問題を解決することなどの観点から移転を検討。 FIFAは2026年のワールドカップの開催地(アメリカ・メキシコ・カナダの共同開催)であり、ここ10年でサッカーが盛んになっている北アメリカに、商...

ラ・リーガ:夏の移籍市場の支出はプレミアリーグのわずか5分の1

ラ・リーガの各クラブは今夏、合計2億7100万ユーロ(約352億3000万円)を選手獲得に使ったが、これは5大リーグの中で最も少ない金額だ。選手の売却額は前年同期比57%減となった。 パンデミックの影響を受けた2020年と2021年の夏の移籍市場の後、ラ・リーガの各クラブは、ヨーロッパ主要リーグの中...

インテルミラノ:「スポンサー契約の見直し」により赤字が2億4500万ユーロ(約315億2400万円)に倍増

スタジアムの閉鎖、メインスポンサーの変更、オークツリーファンドからの2億7500万ユーロ(約353億8400万円)の借り入れなどがあった2020-2021シーズン、インテルの売上高は2%減の3億6400万ユーロ(約468億3600万円)となり、この夏2億ユーロ(約257億円)分の選手を売却した。 イ...

ブロックチェーンビジネスPart3:スポーツ界に初めて現れたブロックチェーン資産「ファントークンとNFT」

スポーツ界で流行り始めたのは、NBAと連動した「TopShot」のExclusive Moments(※1)がわずか1週間で1億5千万ドル(約166億9400万円)に達した時だった。それ以来、他のリーグやクラブがこの手の企業と契約する数は急増しており、実際この業界は、その後スポーツ界で最も契約を勝ち...

ラダメル・ファルカオ直筆サイン入りユニフォームをゲットするチャンス!!

10月のスペシャルプレゼントの募集を本日開始しました!!! 10月のスペシャルプレゼントはコロンビアの英雄であり、現在ラ・リーガのラージョでプレーする35歳 “El Tigre”ラダメル・ファルカオの直筆サイン入りユニフォームを抽選で1名様にプレゼント!! 応募はこちらのプレ...

サッカー界レジェンドの直筆サイン入りグッズ紹介③

2000年代~2010年代のリバプールといえばスティーヴン・ジェラードと答えるサッカーファンは多いだろう。そんなファンの方たちにショップで取り扱い中のジェラード関連アイテムを紹介します!! 皆さまこんにちは!ALLSTARS CLUBショップです。 もうすでにショップで見ていただいていたり、ご存知の...

ブロックチェーンビジネスPart2:NFTとファントークンの違いとは?

NFTとファントークンは似ているようでビジネスモデルは大きく異なる。それらはすべてブロックチェーン技術の使用に基づいており、 ブロックチェーンではすべての取引が記録される。当初は暗号通貨に似たものとして誕生したが、昨年からは新たな用途が模索されており、トークン(Socios社とBitci社)、NFT...

10月9日(土)18:40〜ブッフォン選手オンライン会の開催が決定!!プレミアムゴールド会員様から10名を...

10月9日(土)18:40〜のブッフォン選手のALLSTARSトーク終了後にオンライン会の開催が決定しました!! オンライン会にはプレミアムゴールド会員様から抽選で10名様をご招待!! オンライン会ではブッフォン選手と当選された皆様に直接ビデオ通話を繋いでいただき、会話をお楽しみいただけます。 オン...

10月9日(土)18:00〜ブッフォン選手ALLSTARSトーク開催決定&質問募集開始!プレゼント企画やトーク会も!

  長年、ユベントスの守護神として活躍し、イタリア代表としても2006年ドイツW杯で優勝を果たしたレジェンド ジャンルイジ・ブッフォン選手のALLSTARSトークの開催が10月9日(土)18:00〜開催決定!! 今シーズンからキャリアをスタートさせた古巣パルマでプレーするレジェンドの話を聞くチャンス...

ブロックチェーンビジネスPart1:スポーツ業界で人気が増す「トークン」とラ・リーガの関係性

スペインの各クラブは、2億950万ユーロ(約272億4440万円)相当のトークンを発行したが、まだまだ留まることを知らない。現在、彼らはNFTの開発をさらに進め、収益化可能なデジタルシステム全体を構築しようとしている。     NFTやブロックチェーン技術に触れる人は年々増加している。最新レポートに...

「選手達が代表選手として活動する期間は誰が給料を支払うべきなのか」

アトレティコ・マドリードのCEOは、リーグと代表チームをそれぞれ独立させることに賛成している。目的はFIFAと各主要リーグとの間の争いを解消することだ。 ワンダ・メトロポリターノで開催されたワールド・フットボール・サミット(WFS)主催のイベント「WFS Europe」で、アトレティコ・マドリードの...

コスモス社:ソラレ社と契約しマラドーナとロナウドのNFTを発売

バルセロナのジェラール・ピケ選手が設立したグループ「コスモス」は、ヨハン・クライフやフランツ・ベッケンバウアーを始めとしたサッカー界のレジェンド50選手の権利を持つことになる。 コスモス社はソラレ社と同じNFT産業に進出する。ジェラール・ピケが設立したグループ「コスモス」は、ディエゴ・マラドーナ、ロ...