ノウ・メスタージャ

1位はスパーズ 21世紀に建てられた最も資金が費やされたスタジアムランキングTOP20

新スタジアムは現代のサッカービジネスで欠かせない存在だ。質の高いスタジアムを備えているとチケット収入も上がり、更に”現代的なスタジアム”の定義としてはサッカーの試合がない日でも収入を上げられるようにコンサート会場やその他のイベントとしても利用できるようにしておくこと。 またレストランやショッピングの...

レアル・マドリード

堅実なレアル・マドリードと無謀なバルセロナ。今夏のラ・リーガ移籍事情

Transfermarktによると、日本時間9月2日に閉鎖された2022年夏の移籍市場で、スペイン1部リーグ全体で5億560万ユーロが費やされた。 この数字は、1部リーグのクラブが2億9300万ユーロ相当の出費を記録した2021年の夏の移籍市場と比較して73%増、コロナウイルス流行後初の夏の移籍市場...

マンチェスターユナイテッド

復調マンUvs絶好調アーセナルにミラノダービー!ALLSTARS CLUBが選ぶ今週のピックアップマッチ

9月に入り2日に移籍市場が閉じた。今季のマーケットで一番注目を浴びたといっても過言ではないハーランドはプレミアリーグ2戦連続ハットトリック。バルセロナのレヴァンドフスキも2戦連続ドブレーテと物凄い勢いで得点を量産しているのが目立つ。 そして来週の7日からは待ちに待った22-23チャンピオンズリーグが...

ワールド・フットボール・サミット

FIFAやUEFAからMeta、Microsoftまで!9月末に行われるワールド・フットボール・サミットに数々の大企業...

6回目となる『ワールド・フットボール・サミット(WFS)』は、9月末にスペイン南部セビージャで開催される。WFSは、サッカービジネスに関するグローバル・カンファレンスで、2,500人以上のプロフェッショナルが出席予定、さらに1,000人がオンラインで参加する予定だという。 現地では150人以上のスピ...

バルセロナ・フェミニ

スペイン最強のバルセロナ女子、地元物流会社とスポンサー契約

スペイン女子リーグにおいて、全勝優勝を果たすなど圧倒的な強さを誇るバルセロナ女子チーム、通称バルセロナ・フェミニ。 FCバルセロナはこの度、バルセロナ・フェミニのスポンサーおよび公式物流パートナーとして、『GLSスペイン』と提携を結んだことを発表した。契約期間は2025年6月までとなっている。 GL...

UEFA

1億ユーロの損?CLとCrypto.comの史上最大級のスポンサーがまとまらず

UEFAは、この夏のチャンピオンズリーグで過去最大級のスポンサーシップを獲得する予定だったが、暗号通貨企業「Crypto.com」との契約が土壇場で決裂し、惜しくも逃してしまった。 『SportBusiness』誌によると、提案されていた契約の金額は、1シーズンあたり約1億ユーロ程度だったようだ。 ...

アトレティコマドリー

レアルマドリーのカンテラ出身!でもアトレティコで成功した選手たち

トッテナムに所属していた左サイドバックのレギロンだが、アトレティコマドリーに移籍することが決定した。2020年にレアルからトッテナムに完全移籍してスタメンとして活躍していたが、今季コンテ監督の愛弟子ペリシッチの獲得やセセニョンの台頭もあり、アトレティコにローン移籍することになった。 レギロンはレアル...

バルセロナ

シャビ監督率いる好調バルセロナ、カナダ大手銀行と米大陸における地域スポンサーシップを更新

開幕戦こそスコアレスドローに終わったものの、ソシエダ戦とバジャドリー戦では2試合連続で4得点とレバンドフスキを中心とした攻撃陣が躍動しているバルセロナ。 そんなバルセロナはこの度、カナダの大手銀行の「スコシアバンク」と4年の契約を延長した。アメリカ大陸のいくつかの国の地域スポンサーとして扱われる。 ...

ACミラン

ミラノダービーを控えるACミラン、米投資会社レッドバード・キャピタルが12億ユーロで買収を完了

合意の報道から2ヶ月、レッドバード・キャピタルは12億ユーロでACミランの新オーナーになるための手続きを完了させた。現在のオーナーである米国ファンドのエリオット・マネジメントは、少数株主として残るという。 ACミランは数日前に発表した声明の中で、MLBのニューヨーク・ヤンキースのオーナーであるヤンキ...

プレミアリーグ

プレミアリーグ、各クラブのチーム支出に史上初の上限を設ける交渉を開始

プレミアリーグは、UEFAがFFPの新ルールを発表してから数ヶ月後に、独自のファイナンシャル・フェアプレーを実施しようと動いている。イギリス日刊紙タイムズによると、プレミアリーグは初めて、プレーヤーやスタッフなどにかける費用を制限するようクラブに交渉しているという。 この措置は、UEFAが今年から適...

チャンピオンズリーグ

22-23チャンピオンズリーグで”距離間が死の組”はどのグループ?

CL抽選会が終わり22-23のチャンピオンズリーグも幕を開ける。世界最高峰のコンペティションの内の一つとして毎年注目が集まるが、クラブとしてはいかに過密日程を乗り越えるかが重要となってくる。リーグ戦でも結果を残しつつ、CLでも勝ち進むことは決して容易いことではない。 特にプレミアリーグともなればBI...

ACミラン

ACミラン、いよいよレッドバードキャピタル体制に。MLBのニューヨークヤンキースとレブロンジェームスが...

昨シーズン終了間際に決まったACミランのオーナー変更。米ファンドから同じく米ファンドのレッドバードキャピタルに売却されたが、権利の移行等がようやく明日に行われるという。 フィナンシャル・タイムズ紙によると、ミランのクラブを買収するためにレッドバードキャピタルが主導する12億ユーロの取引に、MLBのニ...

リーグアン

「アマゾンプライムビデオ」と仏民間放送局が契約。リーグアンのハイライトを放送へ

欧州5大リーグの放映権収入の差はこちら 放映権収入が最も重要な要素に。20-21年欧州5大リーグの収益と今後の見込み 先日、英国コンサルティング会社「デロイト」が「Annual Review of Football Finance 2022」を発表した。この記事ではいくつかの情報を切り取って紹介した...

ハリーケイン

22-23CL、3季ぶりにCL復帰したトッテナムに注目の日本人対決!グループDの見どころは?

グループD フランクフルト トッテナム スポルティング マルセイユ 日本人選手、鎌田・長谷部擁するフランクフルトと守田が所属するスポルティングが同グループになった。その他トッテナムやマルセイユといった強豪とも同居。今回はそんなグループDの見どころや注目選手をご紹介。 グループA~Cはこちら 【アヤッ...

バレンシア

カバーニがフリーでバレンシアへ!32歳以上で最も高額な移籍金が支払われた移籍トップ5

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがバレンシアへ移籍することが発表された。21-22年限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団していたが、ようやくカバーニの22-23年が始まることになる。 U-RU-GUAYO 🇺🇾#CORVCF #ADNVCF pic.twitter.com/WoG9SZm...

カンプ・ノウ

バルセロナが行った放映権、ライセンス権売却は新FFPで有効と認められるのか

UEFAは20-21シーズンの監視期間でFFPの規則を遵守していない一部のクラブに制裁を加える用意をしている。 対象となっているのは、インテルやローマ、ユベントス、リーグアンからはマルセイユやPSG、ラリーガからはバルセロナといった強豪クラブだ。クラブによっては数百万ユーロといった比較的軽めの制裁を...

バルセロナ

クンデの登録に成功したバルセロナ。大きな戦力アップに繋がったその手段とは?

今夏、バルセロナは大補強を行なった。チェルシーからDFクリステンセン、ACミランからMFケシエ、リーズからFWハフィーニャ、バイエルンからFWレバンドフスキ、そしてセビージャからDFクンデ。 しかし、今夏の補強組で唯一リーガ・エスパニョーラに登録できていなかった選手がいる。セビージャから獲得したクン...

アトレティコ・マドリード

ヴィッセルで活躍したあの選手も!アトレティコとバレンシアの両方でプレーしたことのある主な選手たち

日本時間8月30日の午前5:00から行われるバレンシア対アトレティコ・マドリードの一戦。試合前まで両者ともに1勝1敗だ。 今回は試合に先立ち、バレンシアとアトレティコ・マドリードの両方のクラブに所属したことのある主な選手たちを紹介していこう。 ダビド・ビジャ バレンシア:05-10アトレティコ:13...

日本代表

日本代表の新ユニフォームが発表!歴代W杯でのユニフォームも振り返ってみよう!

アディダス ジャパン株式会社が「サッカー日本代表 2022 ユニフォーム」を発表した。 今回のユニフォームのコンセプトは「ORIGAMI」。2002年のW杯決勝後、勝者を祝う約270万羽の折り鶴が日本の空に上がったが、この折り鶴からヒントを得たという。歓喜をもたらす祈りの象徴として表現している。 今...

セリエB

セスク移籍で話題のイタリア2部、EAスポーツと複数年のパートナーシップを発表

アーセナルやチェルシー、バルセロナで活躍した元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが移籍したことで知名度が上がったイタリア2部のセリエB。 そんなイタリア2部のセリエBは、この度、EAスポーツと複数年のパートナーシップを締結し、FIFA23に正式ライセンスとして登場することを発表した。 今回のワール...

ベティス

オサスナ戦勝利で開幕3連勝のベティス、クラブ会長らの拠出によりホアキンなどの選手登録が可能に

サラリーキャップにより、何人かの選手を登録できない状態でシーズン開幕を迎えていたベティス。主力としてプレーしていたDFバルトラをトルコの「トラブゾンスポル」へ売却するなど、必要なやりくりを見せていた。 そしてこの度、クラブの主要株主であるアンヘル・ハロ会長とホセ・ミゲル・ロペス・カタラン副会長は、6...

アンスファティ

【死のグループ】22-23 チャンピオンズリーググループC 新生バルサは天敵バイエルンにリベンジなるか!

グループC バイエルン・ミュンヘン バルセロナ インテル ヴィクトリア・プルゼニ 前回はこちらでグループBについて紹介。今回は今シーズン随一の死の組、グループCの見どころポイントについて紹介していく。 グループA、Bはこちら 【アヤックス、リヴァプール、ナポリ、レンジャーズ】22-23チャンピオンズ...

PSG

ネイマールやムバッペなど過去に12人だけ!1億ユーロ以上の移籍金が支払われた移籍まとめ

サッカーにおいて、移籍金は活躍度・期待度・年齢などによって設定される。若くてチームに不可欠な存在であるほどその額は高くなるのが一般的だ。 近年、移籍金は高騰が続いている。13-14年にベイルがトッテナムからレアル・マドリードへ移籍した際に支払われた額は、1億100万ユーロ。この移籍が史上初の1億ユー...

家本政明氏

家本政明氏が明かす、日常生活に活かされている審判としての経験

審判はプロアマ問わず基本的にミスが許されないので、常に周りから厳しい目で見られています。難解な専門知識に加え、強靭な体力や精神力も必要です。 そういうこともあり、「審判は大変な仕事だ」「審判をするには何か特別な才能が必要だ」という声をよく耳にします。 もちろんそういう部分もありますが、多くは皆さんが...

カンプノウ

シティはハーランド、バルセロナはハフィーニャ。22-23年欧州5大リーグの各強豪クラブが獲得した最高移...

シーズン開始から2、3週間経過し、移籍市場も残り1週間となっている欧州5大リーグ。各クラブともに必要な補強を施し、各タイトル獲得へ向けてスタートを切っている。 今シーズンの欧州5大リーグで最も高額な移籍金が支払われたのは、モナコからレアル・マドリードへ移籍したチュアメニ。8000万ユーロという価格だ...

スターリング

チェルシー新加入スターリングも!プレミアリーグ”ビッグ6″の内3クラブ以上でプレーした選...

22-23年夏の移籍市場において、プレミアリーグで6番目に高い移籍金でチェルシーに移籍したイングランド代表FWスターリング。自身のキャリアで3クラブ目となったが、リバプールとマンチェスターCに次ぐ3クラブ目の”ビッグ6″にもなった。 プレミアリーグのビッグ6といえば、マンチェ...

アトレティコ・マドリー

【ポルト、アトレティコ、レバークーゼン、ブルッヘ】22-23 チャンピオンズリーググループB 優秀な若手...

グループB FCポルト アトレティコ・マドリー レバークーゼン クラブ・ブルッヘ 前回はこちらでグループAについて紹介。今回はグループBの見どころポイントについて紹介していく。 スカッド総市場価値はtransfermarkt参考 【アヤックス、リヴァプール、ナポリ、レンジャーズ】22-23チャンピオ...

アリアンツ・アレーナ

アントニー、デリフト!欧州5大各リーグで最も多くの移籍金が支払われた移籍トップ3【22-23年夏】

日本時間9月2日に閉幕する22-23年欧州5大リーグの移籍市場。毎年そうだが、今年も多くの目玉選手がクラブを行き来している。 レバンドフスキがバイエルンからバルセロナ、カゼミロがレアル・マドリードからマンチェスターU、マネがリバプールからバイエルンといった具合だ。 さて今回は、22-23年にプレミア...

サウサンプトンのオーナーもマルチクラブオーナーシップに

近年増え続けているマルチオーナーシップ。最も代表的なものと言えばマンチェスターシティの株式を保有する持ち株会社シティ・フットボール・グループだ。シティを筆頭に世界各地にクラブを所有している。 そして次点で知名度が高いのは、RBライプツィヒやレッドブルザルツブルクを保有しているレッドブルグループだ。正...

レアル・マドリード

ベンゼマなどの活躍で開幕連勝中の王者レアル・マドリードがあの超高級ブランドとスポンサー契約

UEFAスーパーカップの勝利から開幕2連勝と波に乗っている王者レアル・マドリード。ベンゼマやヴィニシウス、モドリッチなどの主力たちが軒並みゴールを決めており、ここからさらに調子を上げてくるだろう。 さて、そんなレアル・マドリードだが、この度イタリアの超高級ファッションブランド「Zegna(ゼニア)」...