Facebookを追い抜く勢い ラ・リーガでも著しい成長を見せるTikTok

ソーシャルメディアは、ファンとつながるための重要な要素になっているのは今に限ったことではない。ソーシャルメディアのデータ分析を行っているBlinkfire Analyticsの最新調査では、ラリーガとそのクラブの活動によると、ソーシャルネットワーク上のフォロワー数は21-22シーズンに10.6%増加...

Playermaker

選手の動きを徹底的に解析するシステム、Playermakerとは

Playermakerシステム このPlaymakerシステムではマイクロデータを記録し、ピッチ上のパフォーマンスに関する詳細なデータを得ることができる。 デバイスの重さは僅か6gで、足首に付けて使用する。ちなみにだがパフォーマンストラッキングウェアはGPS付きで150gだ。データを取得するための小...

W杯

【W杯】歴代最年少出場記録ランキングトップ5

2022年はW杯イヤー。監督は選出する選手たちの最終調査を行なったりする一方で、選手たちはW杯へ向けてコンディションを整えたり、はたまた選出されるためにトレーニングに励んだりしているところだろう。 W杯では、見どころが多くある。ベテラン選手の安定した活躍、若手選手のブレイク、強豪国の早期敗退、弱小国...

パレルモ

シティ・フットボール・グループがイタリアのパレルモを買収

マンチェスター・シティを中心に全世界でクラブ間の連携を展開するシティ・フットボール・グループは、イタリアのパレルモFCを買収することで最終合意に至った。 ガゼッタ・デッロ・スポルト紙が報じたこの契約が正式にまとめられれば、シティ・フットボール・グループにとって初のイタリアクラブ買収となり、さらに、所...

アトレティコ・マドリード

アトレティコ、現代(ヒョンデ)との袖スポンサー契約を更新

ラ・リーガのアトレティコ・マドリードは、2018年からトップチームのユニフォームの袖スポンサーとなっている韓国の自動車企業「現代(ヒョンデ、ヒュンダイ)」との契約を延長していることが2Playbook紙の情報で明らかになった。 同企業は、メインスポンサーやトレーニングウェアスポンサーと並んで、最もメ...

マンU関係者、UEFAの分配金見直しに警鐘を

プレミアリーグを含む欧州大陸の37のプロリーグを代表する欧州リーググループのマネージングディレクター、ジャコ・スワート氏は、新たに合意された欧州クラブ大会のフォーマットが2024年から施行される際には、収益分配にも劇的な変化が必要であると述べた。 2024年から2027年のサイクルの収益は50億米ド...

W杯

【親子】2世代にわたってW杯に出場した主な選手たち

2022年は4年に一度の祭典であるW杯が開催される年。監督たちはどの選手を選ぶかに頭を悩ませる一方で、選手たちは自分が選ばれるよう日々の練習や試合に力を入れていることだろう。 周知の通りだが、W杯には限られたごく一部の選手しか出場することができない。なぜなら各国はその時に自国で最も優れている選手たち...

FIFA

「選手への誹謗中傷を減らす」カタールW杯も見据えた取り組み

カタールでのワールドカップ開催も控えているということもあり、ソーシャルメディア上のサッカー選手に対する誹謗中傷について、FIFAは、国連の「ヘイトスピーチと闘う国際デー(6/18)」に合わせて、国際大会中にソーシャルメディアのプラットフォーム上でサッカー選手に対する誹謗中傷が増加していることを強調し...

イスコ

【イスコ】レアル・マドリードのファンタジスタの成績振り返り

レアル・マドリーは2022年5月30日にイスコの退団を公式発表した。イスコは自身のインスタグラムで、『子供の頃の夢をすべて叶えてくれたクラブでの生活が終わった。』と9シーズン過ごしたマドリーに感謝の気持ちを綴った。 イスコは2013/14シーズン、夏の移籍市場でマラガからマドリーに移籍した。移籍金は...

バイエルン・ミュンヘン

【21-22年】1ゴールに要した時間が最も短かった選手トップ10

2022年6月、21-22年のポルトガルリーグで得点王を獲得するなど一気にブレイクを果たしたダルウィン・ヌニェスがプレミアリーグの強豪リバプールへ移籍した。 弱冠22歳のウルグアイ人は、21-22年に28試合に出場し、26ゴールをマーク。欧州主要リーグで最も1ゴールに要した時間が少ない選手となった。...

スペインとポルトガル、2030年W杯開催に向けて正式な提案

スペインとポルトガルが、2030年のワールドカップ開催に一歩近づいた。スペインサッカー連盟(Rfef)とポルトガルサッカー連盟(FPF)が、ワールドカップ開催への正式な立候補を行った。 両団体が発表した文書によると、2030年W杯は14の会場で行われ、そのうち11会場がスペインに、3会場がポルトガル...

日本代表、吉田が所属するサンプドリア、買収に向けて3つの出資者が台頭

サンプドリアの買収競争には、少なくとも3つの買い手候補がいるが、いずれもイタリア人ではない。イタリア紙『トゥットスポルト』では現在、クラブは本格的な入札を待っている状態だという。 同紙によると、サンプドリアに関心を持つ出資者は、アメリカのグループ、ヨーロッパの金融界に属するグループ、そして最後にアメ...

ベティスの国際化プロジェクトが加速。アカデミーの選手が1000人超えに

レアル・ベティスは、海外で若い才能を育成するためのアカデミーを設立し、国際的に成長することを目指している。実際、現在スペイン国外に14のスポーツ・プロジェクトを展開しており、ジンバブエやイラン、メキシコ、アルジェリア、アリゾナ、ジョージアにセンターを持つ。また、最近は中米のエルサルバドルでも新しいア...

アラバ

フリー移籍時に最も市場価値が高かった選手トップ5

6月といえばサッカーの試合がないオフシーズンだが、一方で選手の動向が注目される時期でもある。大物選手が長年在籍したクラブを退団したり、期待の注目若手選手がビッグクラブに入団したりと様々なドラマが生まれる。 今回注目するのは「フリー移籍」。元所属クラブとの契約が切れたタイミングで移籍するため、名前の通...

カンプノウ

バルサの経営状況の全貌が明らかに!バルトメウの愚策とラポルタによる尻拭い

この記事で分かること ・ネイマールの売却によって狂ったバルセロナの最悪な経営状況 ・レアル・マドリードを大きく上回る支出 ・放映権とBLMの売却でマイナスを補いたい経営陣 現地時間6月16日、FCバルセロナはその歴史において、おそらく最も重要な集会に臨んだ。エスパイ・バルサの工事費用として15億ユー...

ワンダ・メトロポリターノ

ワンダ・メトロポリターノが改名、今季でアトレティコとワンダの契約終了。

アトレティコのスタジアム、ワンダ・メトロポリタノが改名に。ワンダとのネーミングライツ契約が今季で満了に アトレティコ・マドリードのスタジアムが名称を変更することになった。2017年にワンダ・メトロポリターノと改名されたこのスタジアムは、クラブとワンダのネーミングライツの契約が今年期限切れとなり、ワン...

W杯

2026年W杯の開催都市発表!過去のメキシコ・アメリカでのW杯を振り返る

2026年に初の3ヶ国開催で行われる2026FIFAワールドカップ。カナダ・アメリカ・メキシコで史上初となる3ヶ国開催となる同大会のホストとして41の都市が立候補していたが、6月17日にその開催都市とスタジアム会場が発表された。 発表されたホストとなる都市は以下の16都市となった。 【カナダ】 トロ...

ブラヒム・ディアス

【プレゼント企画】21-22シーズンのブラヒム・ディアスを振り返り

今回はACミランの21-22シーズンスクデット記念ということでブラヒム・ディアスの今シーズンを振り返り! また記事の最後にブラヒム・ディアス選手直筆サイン入りユニフォームのプレゼント企画の応募方法を記載してます。 CAMPEONESSSSSS!! 🔴⚫️ @acmilan pic.twitter.c...

プレミアリーグ

【プレミアリーグ】開幕戦にまつわるさまざまなデータ

22−23シーズンのプレミアリーグの開幕戦の対戦カードが発表された。 We have our first Matchday fixtures 🤩 Which match are you looking forward to the most? 🤔#PremierLeague #PLFixtures ...

選手?クラブ?契約が一方的に打ち切られた際に罰則を受けるのは?

「サッカー選手が一方的に契約を解除した場合、選手本人か移籍先クラブのどちらに責任があるかどうかは、『実行のタイミング』『自発的であるか』『退団までの裏側の動き』といった要素が鍵になる」 これらは、ジョルディ・ロペス・バテット弁護士が、21-22年シーズンのスポーツ法に関する最後のラ・リーガミーティン...

ジェノア

急成長を遂げるカストーレ社、今度はジェノアのテクニカルスポンサーに

セリエBに降格したジェノアは、すぐにブランドの再構築に着手している。米国のファンド777 Partnersが経営するジェノアは、新しいブランドイメージの改善やソーシャル・ロゴを発表し、エンブレムも現代的にするなど、細かいことだがブランド、再イメージアップに励んでいる。 🔴🔵 Dall’i...

ファントークン

「取引価値よりも有用性が最も大事 」Socios.comの代表者が語る今後のファン・トークン業界

ChilizとSocios.comのグローバルディレクターであるジェームス・ニューマン氏は、ファン・トークンの価値は、取引資産としてのステータスよりもむしろ「有用性」によってますます左右されると英国ニュースサイト『SportBusiness』紙に語っている。 ニューマン氏は現在、親会社であるChil...

プレミアリーグ

プレミアリーグトップ2に新加入のハーランド、ヌニェスの比較

リバプールは6月14日、ベンフィカで昨シーズン、リーグ戦28試合26得点を記録したウルグアイ代表ダルウィン・ヌニェスの獲得を発表した。移籍金は7500万ユーロ(約106億円)+ボーナス2500万ユーロ(約36億円)の最大1億ユーロ(約142億円)となり、クラブレコードを更新した。 そのリバプールと2...

サッカーから学ぶ日常生活におけるマネジメント法〜家本政明氏特別コラム〜

多くの方が職場や学校で、何とか成果をあげようと日々懸命に努力されています。とはいえ、思うように成果があがらない、予定通りに事が運ばない、全然チームがまとまらない、あるいは、ダイエットしているのになかなか痩せない、練習しているのになかなか上達しない、といったことで悩んでいる方も多いと思います。 なぜこ...

エヴァートン

エヴァートン、歴代最高額のスポンサー契約を締結

プレミアリーグのエバートンが、カジノとスポーツベッティングのプラットフォームであるStake.comを新しいメインスポンサーとし、契約に合意した。 7月1日からの複数年契約の金銭的条件は明らかにされていないが、エバートンは、144年の歴史の中で最も高額なメインスポンサー契約になることを発表してる。 ...

MLS

アップルTVでMLSを10年間放送決定!

家スポーツにも特化したメディアプラットフォームとして、アップルがまた一歩前進した。同社は、2023年から2033年のサイクルで、MLSのグローバル放映権を獲得。 金銭的な条件は明らかにされていないが、CNBCによると、米国の男子サッカーリーグはこのルートで年間3億ドル(約404億2600万円)の収入...

クレルモン・フット63

32年で1度だけ!選手獲得に資金を使わないフランスクラブのポリシー

皆さんはサッカークラブといえば、どのチームを思い浮かべるだろうか。リバプールやマンチェスター・シティといったプレミア強豪勢?レアル・マドリードやバルサ?それともバイエルン・ミュンヘンやPSG? もちろんこれらのクラブは優秀な選手が揃っているため魅力的だ。全ポジションに世界トップレベルの選手がおり、ハ...

マンチェスター・シティ

【2000年以降】各シーズンの夏の移籍市場で最も移籍金が高かった選手たち

ネーションズリーグが終わりを告げ、欧州サッカーはオフシーズンモードに入りつつある。来シーズンはW杯の影響でシーズンスタートが多少早いこともあり、試合がまったくない期間が短いものの、オフシーズンは欧州サッカーファンにとっては少し物足りない期間であることも事実だ。 ところで、試合がない時に盛り上がる話題...

FIFA

【最新版】21世紀に行われたW杯大陸間プレーオフまとめ

2022年カタールW杯の大陸間プレーオフが行われた。オーストラリア(AFC)対ペルー(CONMEBOL)とニュージーランド(OFC)対コスタリカ(CONCACAF)の2試合で、それぞれオーストラリアとコスタリカが勝利し、見事W杯本戦への切符を手に入れた。 もはやW杯本戦のような緊張感の中で行われる大...

アルゼンチンサッカー

OneFootballを通じて130ヵ国以上でアルゼンチンリーグの試合観戦が可能に

皆さんは「One Football」という名前を聞いたことがあるだろうか。これは、2008年にドイツで誕生したサッカープラットフォームだ。ここでは、試合結果やスタッツはもちろんのこと、世界各国の試合を見ることができる。主なリーグの試合を見るには支払いが必要だが、日本で一般的なOTTのように月額制では...